【WordPress】Let’s Encryptを使ったhttps対応


Google ChromeのアップデートによってSSL対応していないページは「保護されていません」とつくようになりました。

「保護された」とつかないだけならまだしもこれは少し見栄えが悪い。

Let’s Encryptを使ってWordPressをhttps対応したのでメモを残します。

 

AWS Lightsailを使っている場合は基本Bitnamiになると思います。

なので公式ドキュメントをみながら行いました。

証明書作成

とりあえずこれで httpsでアクセス可能になる。

アドレス変更

サイトアドレス設定を変更します。

管理画面から変更できなくなっていたので

/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php

を以下の部分を書き換えました。

 

記事の書き換え

Search Regexというプラグインを使って記事内リンクを変更します。

 

リダイレクト

http://xxx でアクセスしてきたときに https://xxx にリダイレクトさせます。

 

所感

今更ですがSSL対応です。

やってみると簡単でしたがとっつきにくい印象は変わらず。

とりあえず1年有効みたいなので1年後にこの記事を見て思い出せれば幸いです。

 

追記:証明書更新自動化

よく見たらcronを使った自動化もあったので追記します。

これで更新用の実行シェルができたのでcronに登録します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。