【React Native】ボタンなどのUIにこだわる

React Native でボタンなどのユーザインターフェースを作るときは正方形か角丸、

円形くらいだったのですが、スライダーのつまみにひし形を使った時にもっといろんな形を採用してもいいんじゃないかと思いました。

ちょっと好きな形を作る練習してみましょう。

続きを読む 【React Native】ボタンなどのUIにこだわる

【React Native】margin等の上書きと優先順位

React Native でライブラリを使っていて style の上書きがうまくできないことがあります。配列によるスタイル指定が機能しなかったり。

 

今回は margin の上書きが出来なかったことから色々試してみたという内容です。

バニラで書いてると気づきやすいですが、フレームワーク+ライブラリの状態だとハマりやすいので気を付けましょう。

続きを読む 【React Native】margin等の上書きと優先順位

新アプリ「カラーマスター」をリリース

新アプリ「カラーマスター」をリリースしました。

画像やカメラの色を好きに変更するアプリです。

続きを読む 新アプリ「カラーマスター」をリリース

expoビルドエラーとバージョンの相違

expo を使ったアプリ開発でのビルドエラーの解決と、その原因のバージョン不一致に関しての覚書きです。

node のグローバルインストールをちゃんとできてなかった。

続きを読む expoビルドエラーとバージョンの相違

反対色について考える

ある色を使う時に、逆の色は何だろうと思うことがあります。

色相環で正反対にある色を補色、その補色周辺を反対色と呼びます。

今回はそれだけでなく単純に色を強調させる目的で反対色を考えてみます。

続きを読む 反対色について考える

Windows10でStyleGAN2を使った画像生成(実践編2)

以下の内容の続き。

 

実際に使ってみての感想や結果とかです。

以下のリポジトリを用いますが、StyleGAN(2でない方)も使います。

https://github.com/NVlabs/stylegan2

続きを読む Windows10でStyleGAN2を使った画像生成(実践編2)

CalroでGUIアプリを作りたかった

定期的にGUIアプリを作ってみたくなる発作が出ました。

前回は「Go+Qt」、「Goのみ」、「NWJS・Electron」で作ってますが、今はJavascript (Typescript) 以外触る気分でないので何かないか探してみる。

 

するとGoogle製のCalroというのを見つけました。

https://github.com/GoogleChromeLabs/carlo

 

ElectronのようなChromium組み込みアプリですが、ローカルのChromeを使うのでビルドサイズが小さく済む。インストールしてないとどうなるかというと、

Q: What happens if the user does not have Chrome installed?
Carlo prints an error message when Chrome can not be located.

 

このCalroを使ってなんかしようと思ったら何もできなかったという内容です。

カルロっていうとコマンド―を想起するのは自分だけではないと信じたい。

続きを読む CalroでGUIアプリを作りたかった

React Native, Expoのワークフロー

久々に Expo (React Native) を触ると少し忘れていた部分があったので開発と同時に備忘録を書いていました。

ドキュメントに書いてるわけではないけど毎回やってることとかの雑多なメモです。

続きを読む React Native, Expoのワークフロー

Windows10でStyleGAN2を使った画像生成(実践編1)

前回準備したStyleGAN2を使って実際に画像の学習と生成をしてみます。

 

学習用の画像を見つけてくるところから始めます。

続きを読む Windows10でStyleGAN2を使った画像生成(実践編1)

Windows10でStyleGAN2を使った画像生成(準備編)

前回CycleGANpix2pixを使ってみましたが、他の派生GANも試してみたい。

特に有名なStyleGANの改良版であるStyleGAN2を使ってみます。

 

今回はTensorFlowを使います。

2年前に「Windows10にTensorFlow-GPUをインストール」しましたが、とにかくバージョン依存が面倒だった記憶しかない。

続きを読む Windows10でStyleGAN2を使った画像生成(準備編)