React-Markdownで見出しタグを変更する

react-markdown で 見出し要素 <h1> ~ <h6> を独自に編集したい。

具体的には Material UITypography にしたい。

javascript でも問題ないですが Typescript 前提で書いています。

続きを読む React-Markdownで見出しタグを変更する

Typescriptの型指定を無視する

gl-react でお絵描き的なことをしようとしてて、Typescript の型チェックが通らない値を設定する必要が出来た。

型設定を修正するのが正攻法ですが、直すのが面倒な事情もあっていくつかのプロパティーの型チェックを放棄したい。

考えてみれば必要な機能で基本的な事なんですが、やろうと思ったことがなかったので知らなかった。

続きを読む Typescriptの型指定を無視する

React Native, Expoでのパスエイリアス設定

Expo ( react native ) で相対パスの代わりにエイリアスを使いたい。

import Ctx from "../../../contexts/main"; みたいなのは書いてられないです。

next.js で同様のことをしていたので設定自体は簡単だったのですが、思わぬ落とし穴があったのでメモしておきます。

続きを読む React Native, Expoでのパスエイリアス設定

【GLSL】バーテックスシェーダーに触れる

これまで GLSL(とほんの少しのHLSL)を書いてましたが、フラグメントシェーダーしか書いていないことに気づいた。

もう一つの頂点シェーダー(バーテックスシェーダー)にも触れてみたい。

サンプルは全然見つからないし情報自体が少ないので gl-react のソースを見ながらバーテックスシェーダーの動作を確認します。

 

今回は基本的な確認までです。

続きを読む 【GLSL】バーテックスシェーダーに触れる

短縮URLの作成とAPI利用【Bitly】

URLは 2000 字程度まで使えるのでパラメータで色々渡すことが出来ます。

ただ共有に不便にはですし、ツイッターなどの文字制限があれば載せることが出来ません。よく見かける bitly を使ってみます。

アカウント作成から API で短縮 URL を作るまで。

続きを読む 短縮URLの作成とAPI利用【Bitly】

Next.js+Vercelでsitemap.xmlを用意する

前回 sitemap.xml を作成しましたが、Vercel(旧 Zeit / now)でうまく動かなかったので原因と解決方法を追記しておきます。

自サーバーで動かす分には問題ないです。

続きを読む Next.js+Vercelでsitemap.xmlを用意する

Next.jsでsitemap.xmlを用意する

Next.js でサイトマップを作る方法を探してみたけど、情報が全然出てこなかったので見つけた情報をつなぎ合わせてサイトマップを自動作成します。

 

sitemap.xml(サイトマップ)は検索エンジンにサイト内のクロールするWebページを教えるためのファイルです。なくても検索結果に出ないわけではないですが、現在だとあるに越したことはないくらいの印象。

続きを読む Next.jsでsitemap.xmlを用意する

Next.js+gray-matterのススメ

Gatsby だと時折見かける gray-matter ですが、Next.js でも非常に役立つので使い方と利点を書いておきます。

マークダウンでコンテンツを分けることを合わせて pages/ の負担を減らせます。

続きを読む Next.js+gray-matterのススメ

Next.jsで外部APIを叩く3つのパターン

WEBページを作る際に外部 API を使いたいことがあります。

Next.js で 外部API を叩く際にどうするか整理したので覚書き。

続きを読む Next.jsで外部APIを叩く3つのパターン

【React / GLSL】音の波形をGLSLで色々表現する

前回 React + GLSL で音声波形の表示ができたので、どんなふうに描画するのがいいかいくつか試してみました。

今回は基本的に GLSL のコードサンプルになります。

続きを読む 【React / GLSL】音の波形をGLSLで色々表現する