ガウシアンフィルタについての確認

前回トゥーン化シェーダーを試したときにガウシアンフィルタを使いました。

使った後で、これって本当にあってるんだっけと思い始めて少し深堀り。

続きを読む ガウシアンフィルタについての確認

画像をトゥーン化するシェーダーを作りたい

トゥーンシェーディング(セルシェーディング)はアニメ風の塗りを表現します。

今回は3Dを描画するときのトゥーンレンダリングではなくて、画像をそれっぽく変換してみたいと思います。

することを簡単に書くと、明るさを数段階に分けることとエッジ抽出です。

 

今回はやりたいことと考え方のまとめで、上手くは行きません。

続きを読む 画像をトゥーン化するシェーダーを作りたい

【GLSL】パターンの書き方2つ

パターンチックな模様を作るのが楽しいので作るときの基本的な方法2つを覚書き。

似た結果になることもあるので、たまに混同しますが別物です。

続きを読む 【GLSL】パターンの書き方2つ

Notionの基本的な使い方

先日情報管理のためのカンバンツールを探して使い始めた Notion ですが、少し使ってみた感想と簡単な使い方をまとめておきます。

最初は出来ることが多くて混乱しましたが、使ってみるとシンプルにやりたいことが出来る感じで使いやすいです。

続きを読む Notionの基本的な使い方

情報管理用のカンバン系ツールを探す

私は興味対象が頻繁に移ります。アプリ開発の途中で GLSL が気になり、試しにTwigl 書いてると不意に多項式補完の種類を調べ始めたり。

ワーキングメモリに収まっている内はいいんですが、はみ出した内容は頭とブラウザのタブをにぎわせて作業効率が大幅に落ちます。

一時的に整理した情報は Discord や Gmail、果てはローカルのテキストファイルにまで散らばっていました。

 

やりたいことがとっちらからないようにタスク管理したい。

カンバン系のツールでいいのがないか探してみます。

続きを読む 情報管理用のカンバン系ツールを探す

React-Markdownで見出しタグを変更する

react-markdown で 見出し要素 <h1> ~ <h6> を独自に編集したい。

具体的には Material UITypography にしたい。

javascript でも問題ないですが Typescript 前提で書いています。

続きを読む React-Markdownで見出しタグを変更する

Typescriptの型指定を無視する

gl-react でお絵描き的なことをしようとしてて、Typescript の型チェックが通らない値を設定する必要が出来た。

型設定を修正するのが正攻法ですが、直すのが面倒な事情もあっていくつかのプロパティーの型チェックを放棄したい。

考えてみれば必要な機能で基本的な事なんですが、やろうと思ったことがなかったので知らなかった。

続きを読む Typescriptの型指定を無視する

React Native, Expoでのパスエイリアス設定

Expo ( react native ) で相対パスの代わりにエイリアスを使いたい。

import Ctx from "../../../contexts/main"; みたいなのは書いてられないです。

next.js で同様のことをしていたので設定自体は簡単だったのですが、思わぬ落とし穴があったのでメモしておきます。

続きを読む React Native, Expoでのパスエイリアス設定

【GLSL】バーテックスシェーダーに触れる

これまで GLSL(とほんの少しのHLSL)を書いてましたが、フラグメントシェーダーしか書いていないことに気づいた。

もう一つの頂点シェーダー(バーテックスシェーダー)にも触れてみたい。

サンプルは全然見つからないし情報自体が少ないので gl-react のソースを見ながらバーテックスシェーダーの動作を確認します。

 

今回は基本的な確認までです。

続きを読む 【GLSL】バーテックスシェーダーに触れる

短縮URLの作成とAPI利用【Bitly】

URLは 2000 字程度まで使えるのでパラメータで色々渡すことが出来ます。

ただ共有に不便にはですし、ツイッターなどの文字制限があれば載せることが出来ません。よく見かける bitly を使ってみます。

アカウント作成から API で短縮 URL を作るまで。

続きを読む 短縮URLの作成とAPI利用【Bitly】