javascriptでメタタグの作成と編集

HTMLヘッダ内のメタタグ(<meta name="" content="">)を編集(ない場合は作成も)をするスクリプトを書いてみました。

以前にOGPなどの外部表示設定を確認したのでスクリプトで動的に変えてみたかったのが理由です。

ただツイッターなどのサービスではOGPのためのアクセスでスクリプト実行までしてなさそうなので、サーバーサイドで書き換える必要があります。

なので今回のスクリプトはnode.js向け、あるいはタイトルのみの編集向けです。

続きを読む javascriptでメタタグの作成と編集

ReactでDataTablesを使う

Reactアプリ内でjQueryプラグインのDataTables.jsを使うためのメモ。

ReactとjQueryはあまり相性が良くないので$は最低限使うだけです。

合わせて使う方法からコンポーネント化まで。

続きを読む ReactでDataTablesを使う

【GO】gin+Reactのルーティング

Golang製Web Framework「gin」とjavascriptライブラリ「React」を合わせてウェブサービスを作ることを考えます。

ルーティング部分でちょっと詰まったので覚書き。

続きを読む 【GO】gin+Reactのルーティング

【GO】ginのシングルバイナリにtemplateを含める

前にginを使ったWEBアプリをシングルバイナリ化をする場合、テンプレートを含めるなら別途実装が必要になると書いた。

現在はgolangでフロント部分を書かない方針だけど、そのうち必要になるかもしれないのでフォルダ内のテンプレートを一括で読むくらいの処理を書いてみました。

具体的にはginのLoadHTMLGlobの置き換えです。

続きを読む 【GO】ginのシングルバイナリにtemplateを含める

【GO】外部ファイルを含めた実行ファイルの作成

GOで画像やHTMLを扱う時にシングルバイナリ化することで簡単にリリースできるようにしたい。

以前スマホアプリ制作用にgo-assets-builderを使ってバイナリ化したことがありますが、他の方法も検討してみて使ってみます。

【GO】静的ファイルを含めた実行ファイル作成

続きを読む 【GO】外部ファイルを含めた実行ファイルの作成

【GO】ginを使ったWEBサービスの構成

golangパッケージ、ginを使ったWEBサービスのテストができたので実際にどう構築するか考えてみました。

思いついたときにサービス追加しやすいことを前提に構成する。

続きを読む 【GO】ginを使ったWEBサービスの構成

HTMLの他サービスでの表示設定

htmlhead内に適切なmetaタグを書くことで他SNSなどでの表示を指定できます。

ogpとtwitter cardについて確認したことのスクショ付き覚書きです。

続きを読む HTMLの他サービスでの表示設定

【GO】WebServer覚書き

個人用途の情報収集の出力形式としてWebServerを使いたい。

標準、ルーティングパッケージ(mux)、WEBフレームワークパッケージ(gin)で簡単なサンプルを書いてみながら動作確認します。

続きを読む 【GO】WebServer覚書き

【GO】wasm作成で使うsyscall/jsの型変換

GoでWebAssemblyを作るときに必要になるsyscall/jsパッケージの型変換メモ。

使うのはGo1.12です。

Go1.11から破壊的な変更があるため注意。

続きを読む 【GO】wasm作成で使うsyscall/jsの型変換

【GO】WebAssemblyのOut of memory対策

golangでwasmを作って使うとOut of memoryが起きました(発端考察)。

OOM issueとして議論されていましたが、公式版では解決しなかったのでフォークされたものを利用して解決しました。

今回はその利用方法メモです。

環境はWindows10ですがGit for windowsを入れているのでlinuxコマンドも使います。

続きを読む 【GO】WebAssemblyのOut of memory対策