今日オープンしたFantasficを使ってみる

今日(2018/10/30)の14時に新しいクリエイター支援サービスが開始されました。

このサービスでは、仮想通貨EXCを使った投げ銭でクリエイターを応援することができます。色々機能があり追加もされるので興味のある人はここも見てみてください。

https://fantasfic.excaliburcoin.net/

 

続きを読む 今日オープンしたFantasficを使ってみる

画像から文字を認識する機能の追加

画像を見て文字を入力するのが面倒だったので作りました。

使い方

画像を読み込む

方法1

「画像選択」ボタンを押してファイルを選択する

方法2

「DROP/PASTE HERE」にローカルファイルやWEB上の画像をドラックドロップする

方法3

「DROP/PASTE HERE」にCtrl+Vでクリップボードの画像をペーストする

※windows標準ソフトの「Snipping Tool」を使うと簡単に画面コピペができます

画像のトリミングをする

画像に文字以外が入っている場合に文字部分だけを切り抜きます。

下に表示される画像は左クリックしたままカーソルを動かすと部分選択できます。

切り抜きたい部分を囲ったら「トリミング」ボタンで切り抜けます。

「リセット」ボタンを押すとトリミング前に戻せます。

文字認識する

認識したい文字が「English」か「日本語」か選択して「OCR」ボタンを押します。

灰色背景部分に認識した文字が表示されます。

※日本語読み取り時は多少時間がかかるかもしれません

テスト

手書き風フォントは難しそうです。

日本語はだいぶ怪しい。

文字のサイズがもう少し大きいと格段に認識は良くなります。

所感

文字認識部分はこのパッケージを使わせてもらいました。

数行追加するだけで使えるようになるのはすごくいい。

英語でないと少し認識ミスが目立ちますが調整すればもっと精度良くなるのかな。

【仮想通貨】複数取引所価格を一覧表示する機能

仮想通貨の価値を複数取引所にわたって一覧表示する機能を作りました。

CoinExchange, Stocks.Exchange, CREX24の一覧に対応。

TOPBTC(vips), BITKOP(exc), Bitmart(che)も追加表示します。

続きを読む 【仮想通貨】複数取引所価格を一覧表示する機能

仮想通貨関連のAPIメモ

これまで使ったことのある仮想通貨のAPIメモ。

主にドキュメントを見るとき用。

CoinExchange (document)

例:https://www.coinexchange.io/api/v1/getmarkets

v2が来そうで来ない。痒い所に手が届かず使いにくい。

StocksExchange (document)

例:https://app.stocks.exchange/api2/markets

簡単で使いやすい。

CREX24 (document)

例:https://api.crex24.com/CryptoExchangeService/BotPublic/ReturnTicker

機能充実。

BitFlyer (document)

例:https://api.bitflyer.com/v1/ticker

取れるデータは少ないけど安定している。

kraken (document)

例:https://api.kraken.com/0/public/Ticker?pair=XBTUSD

ドル建て、円建てで取れるのはいいけど円建てはスプレットが大きく安定しない。

TOPBTC (document)

例:http://topbtc.com/market/market.php

VIPS用。POSTで情報をとるのが少し使いにくい。

BitKop (document)

例:https://apiv2.bitkop.com/Market/ticker?symbol=eth_btc

EXC用。最近システムアップデートと同時にAPIもv2になった。

Bitmart (document)

例:https://openapi.bitmart.com/v2/ticker?symbol=CHE_ETH

CHE用。珍しくWebSocketが用意されている。

Ethガス代

https://ethgasstation.info/json/ethgasAPI.json

json形式で取得できる。CORSも気にしなくていいので便利。

Coin Exchangeの注文情報を表示

Coin Exchangeの注文情報を見るツールを作りました。

これの右側は今の値に一番近い注文です。

APIでしか取得できないので見えるようにしました。

続きを読む Coin Exchangeの注文情報を表示

Chromeでキャッシュされたスクリプトを削除する

javascriptなどを更新した際にChromeだとキャッシュがしつこく残って正常な動作をしないときがある。

FirefoxとIE(Edge)では特に問題なく更新されるのでキャッシュ対策しつつもクロームのキャッシュ削除をメモ。

続きを読む Chromeでキャッシュされたスクリプトを削除する

HTMLからAWS経由で外部APIを使う様々な方法

様々な分野で用意されている便利なAPIですが、WEBページから利用しようとするとつまずきがちです。

ブラウザはドメインの異なるデータを取得できません(同一生成元ポリシー)。

CORS (Cross-Origin Resource Sharing) ヘッダーのAccess-Control-Allow-Originが「*」とでも設定されていれば使えますが、まずないです。

AWSを使って外部のAPIを使うための方法をいくつかまとめます。

続きを読む HTMLからAWS経由で外部APIを使う様々な方法

Coin Exchangeの板情報のログを取ってグラフ化

コインエクスチェンジの板情報(各価格の注文量)を1時間ごとに取得してグラフ化。

ログをとっていない通貨もグラフ化できます。

続きを読む Coin Exchangeの板情報のログを取ってグラフ化

【WordPress】Let’s Encryptを使ったhttps対応

Google ChromeのアップデートによってSSL対応していないページは「保護されていません」とつくようになりました。

「保護された」とつかないだけならまだしもこれは少し見栄えが悪い。

Let’s Encryptを使ってWordPressをhttps対応したのでメモを残します。

続きを読む 【WordPress】Let’s Encryptを使ったhttps対応

Discordでログイン状態を維持する

仮想通貨のコミュニティによってはオンライン状態の人に通貨を投げる(rain)するものがあります。

PCだと最大10分で退席中になります。

スマホでアプリを開きっぱなしにしている人もいるようですが負荷は大きそうです。

ヘッドレスブラウザ(phantomjs+casperjs)でログイン状態を維持してみます。

続きを読む Discordでログイン状態を維持する