【GO】外部ファイルを含めた実行ファイルの作成


GOで画像やHTMLを扱う時にシングルバイナリ化することで簡単にリリースできるようにしたい。

以前スマホアプリ制作用にgo-assets-builderを使ってバイナリ化したことがありますが、他の方法も検討してみて使ってみます。

【GO】静的ファイルを含めた実行ファイル作成

バイナリ化パッケージ

基本的にはファイルをバイナリ化して変数に格納してそれを使う形です。

なのでバイナリ化する部分とバイナリ化したものを使う部分に分かれています。

 

go-bindata N/A ググると大体これを使っている印象。

制作者が停止したためレポジトリはアーカイブ。

メンテナンスはされておらず今後もない。

go-assets-builder

go-assets

★185 go-bindataが終了状態のため代替手段として紹介されているのを見つけて使っていたが、こちらもずっとメンテナンスされていない。
statik ★1943 現在もメンテナンスされている。

現状だとこれ1択かもしれない。

statikがシンプルで人気があるようなので使ってみる。

statikの使い方

 

go-assetsはデフォルトでmainパッケージにgoファイルを作るのでビルド時にメディアファイルを指定する方法だった。

statikはデフォルトでstatikパッケージを作るのでインポートして使う形になる。

※どちらもフラグでパッケージ指定可能

個人的にはこちらの方が自然で扱いやすいように思います。

go moduleを使う場合にはimportでの絶対パスは必須です。

webフレームワーク ginとの合わせ

ginでシングルバイナリ化を考えると静的ファイルであればファイルシステムの指定が可能です。

しかしLoadHTMLGlob()(あるいはLoadHTMLFiles)を考えると少し面倒そうです。

templateが指定したファイルシステムから読み込んでパースする方法がなさそう。

この辺を見てうまいこと置き換えできないかと考えてますが、一つ一つ開いて文字列からパースしないといけない気がする(関数の追加が必要そう)。

テンプレートは大分癖があるのでHTMLはjavascriptフレームワークに任せて、静的ファイルとAPIの管理だけする方がやはり楽か。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。