格安スマホHUAWEI P9 liteに機種変更

 

Xperia(TM) Z SO-02E から HUAWEI P9 lite に買い換えました。

XperiaZは2013年 2月 9日発売。

P9 liteは2016年 6月17日発売。

3年ぶりの買い替えです。

XperiaZは古くてもポケモンGOができるし強固でバッテリーのへたれも少ない良機種だったのですが最近はいくつか問題がありました。

  • 電話がスピーカーモードでしかできない(一部のスピーカが壊れた)
  • カメラに傷がついて微妙に黒点がうつる
  • GPS精度が微妙
  • ポケモンGOをしていると熱で不安定になる

頑丈さが売りだったので少し手荒に扱いすぎていました。

DMMのSIMを使っているのでSIMフリーの機種で一番よさそうな P9 lite を購入。

ビッグカメラで安く買えました

プリベイドSIMカード(3000円)を同時購入で20%OFFとかで、

本体税込み 32,292 * 0.8 = 25833円

SIMカード税込み 3218円を足して 29,051円

3196 ポイント付いたので実質 25855円で価格.com最安値 26,784円より安い!

やるじゃんビックカメラ。

ついでに買ったSIMカードも使えなくはないし、高機能イヤホンとフィンガーストラップもおまけで貰えたので満足です。

良くなったところ

  • 問題点(電話、カメラ、GPS)の改善
  • ポケモンGOが快適にできる
    • ラグがなくなってサクサク操作できる
    • 熱もほどほどになった
  • 電池持ちが良い

悪くなったところ

  • ジャイロセンサがなくなった
    • 普段使わないのであんまり問題ない
  • 独自UIになれない
    • 使っていけばなれるだろうけど素のAndroidでよかったのになと思う

所感

これが3万円で買えるのはすごいことだと思う。

安いけど本体の質はいいし、カバー、フィルム、USBコンセント、USBケーブル、イヤホン付き。

初代XperiaもXperiaZも8万円くらいした記憶があるので買い替え自体渋っていたけど、コレくらいの値段なら他に欲しいものができたときに買い換えやすい。

デュアルSIMってあったから何かできるかもと考えていたけどmicroSDカードを使う場合はSIMカードは1枚しか入れられないので注意。

MVNOを使って通信環境を見直す

少し前の話だけれどPC用の固定回線とスマホ用の携帯回線をまとめた。

元々は固定回線とイーモバイル(現Ymobile)とDocomoの掛け持ちをしていたところ、料金が馬鹿にならないのでDMM mobileで一本化。

結果として月額13,000円から6,000円に減らせた。

回線をあわせるメリット

  • 契約管理が楽、引越しで契約更新する必要がない
  • 外出先でもいつもどおりPCを使える
  • 合計金額は安くしやすい

回線を分けるメリット

  • 固定回線の方は基本的に通信量・通信速度を気にしなくていい
  • 固定回線の使いすぎで携帯回線が使えないようなことがない
  • どちらかがトラブってももう一方で通信可能

DMM mobileとは

いわゆるMVNOのひとつ。

SIMカードを3枚までもらえるので通話SIM(スマホ用)とデータSIM(PC、タブレット用)で分けることができる。

今日時点で通話1枚データ2枚が容量20Gで月額5,980円、追加も1G480円と格安。

PCでも使っているが通信速度で困ったことはない。

毎月DMMポイントがもらえるので艦これとかに課金できる。

感想

回線を合わせるかどうかはともかくとして、3大キャリアからMVNOに変えたのは正解だった。

電話もキャリアメールも基本LINEかGmailで代替できるし、多少割高だけど普通の電話もできるので個人的にはデメリットが1つもなかった。

 

 

追記

固定回線にしました。

引越し完了

引っ越しました

会社の寮に入っていたので退職に伴って引越ししました。

今週はほとんど引っ越しに費やしたけどようやくひと段落。

荷解きも大体終わった。

最初は集合寮住まいだったので大ダンボール3箱で上京してそのまま個別寮に入ったけど、今回は大7つ小8つにもなっていた。

ここを出るときには大3つくらいに収まるようにミニマリストを参考にしてみようと思う。

急な引越しでどたばたしたのでタイムスケージュールを残しておく。

1ヶ月前

物件を探す

まず引越し先が見つからないと何もできない。

一ヶ月前くらいには抑えたいが人気物件だったり繁忙期などでもっと直近で契約しなくてはいけない場合がある。

閑散期であれば余裕を持って契約できたり、フリーレントの条件がつきやすいと聞いた(今回は1ヶ月のフリーレントをもらえた)。

引越し屋を探す

安くても評判の悪いところは使わないほうがいい。

一人暮らしなら最安と2番目の違いはほとんどない。

不動産屋とつながっているところだと多少融通が利く。

各種切り替え連絡をする

ガス、電気、水道、郵便など最近はネットでできるようになっている。

粗大ゴミを捨てる

市や区の回収サービスを使うのであれば予約が埋まっているかもしれないので早めに申し込みする必要がある。

自分で持ち込んだり、引越し屋に回収してもらう方法もある。

1週間前

荷造りをはじめる

量によってはもっと前から計画的に片付けたほうがいいが、ダンボール置き場を用意しておく必要がある。

当日

引越し

引越し屋が来る前に忘れ物がないか確認する。

旧物件引渡し

一通り掃除して旧物件を大家さんに引き渡しする。

室内点検や鍵の返却をするけど、大体は自然消耗として扱われるので基本清掃料だけですむはず。

荷下ろし

新居に荷物を下ろす。

複数の引越しを並列してやる引越し業者なら数の確認をきちんとする。

あとダンボールの回収の有無など確認しておく。

ガスの立会い

電気、水は連絡するだけでいいけど、ガスだけは引越し先で立会いが必要な場合が多い。

引越し後

住民票の変更

必要書類を持って転居届けを出す。

(市区町村が変わる場合には転出届と転入届が必要)

免許とか銀行とかもろもろ住所変更

面倒でもちゃんとしておかないと後々面倒なことになる。

 

賃貸を探すときには月額でなく合計費用を見よう

あらまし

急遽引越しを行うことになったのでSUUMOやHOMEsのような総合サイトから不動産屋の検索ページを探していた。

条件検索で要望にあった物件を探せるのは便利だけど、単純に賃料だけで条件をつけると本当は条件にあっている良い物件を見逃すことがある。

その原因として敷金と礼金がある。

これらはそれぞれ基本的に1ヶ月ほどで設定されていて、一覧で見ているとあまり重視されないが合計で見るとかなりのインパクトがある。

どれくらいのインパクトか

1年住む場合、敷金礼金が1ヶ月分で5000円上の賃料と、2ヶ月分であれば1万円上の賃料とほぼ同じになる。

2年住む場合、敷金礼金が2ヶ月分で5000円上の賃料と合計がほぼ同じになる。

10年20年と住むつもりであれば影響はないが、数年のつもりなら更新費等も含めて合計で考えると意外と掘り出し物件があるかもしれない。

1年住む場合

家賃+共益+管理 敷+礼=0ヶ月 敷+礼=1ヶ月 敷+礼=2ヶ月
6 72 78 84
6.5 78 84.5 91
7 84 91 98
7.5 90 97.5 105
8 96 104 112

2年住む場合

家賃+共益+管理 敷+礼=0ヶ月 敷+礼=1ヶ月 敷+礼=2ヶ月
6 144 150 156
6.5 156 162.5 169
7 168 175 182
7.5 180 187.5 195
8 192 200 208

 

WordPressをはじめる

新しくWordPRESSに手を出してみる

http://narumium.net/ や http://narumium.net/docs でサイトを作ってみつWordPressにも手を出してみた。

編集が微妙にtumblrに似ていてラッキーかと思ったが断然こっちが複雑な気がする。

続きを読む WordPressをはじめる

ブログを新規投稿する

ブログを新規投稿するついでにエディタの機能を確かめる

太文字hutomoji

イタリック

取り消し

  • リスト
    1. リスト2
    2. リスト3
  • リスト4

引用分

複数行


横ラインで強調する


左寄せ

中央

右寄せ

リンク http://narumium.net/

アンダーバー

両ぞろえ

特殊文字♠

続きを読む ブログを新規投稿する