ニート初心者の8月収支

先月からニートをしてますが、今月はまるまる働いていません。

趣味のアプリとか作って公開するくらいの生産性です。

ある程度貯金があるとはいえ、お金の問題は現在唯一の問題です。

そこで今月の収支を見てみたいと思います。

家賃 -70,000
健康保険 -27,000
国民年金 -16,000
食費 -30,000
電気ガス水道 -8,000
ネット(固定+モバイル) -6,000
衝動買いとか交遊費 -60,000
支出計 -217,000
為替 +265,000
その他 +5,000
収入計 +270,000
収支 +53,000

まさかの収支プラス。

ギャンブルで勝っただけみたいな感じですが。

食費は米がタダ+ほとんど自炊+為替業者が大量にインスタントを送ってくるのでまぁまぁ安く済む。

支出は固定で15万も飛んでいくので、変動費はなるべく抑える必要がある。

それなのに6万円はちょっと使いすぎ。

贅沢は収入が安定してから…。

Huawei MediaPad T2 7.0 Pro購入

2年ほど使ったNexus 7 (2013)が文鎮化したので新しいタブレット購入しました。

Nexus7はSDカードが使えないのを除けば最高のタブレットだったので残念です。

用途はKindle、為替、Twitterくらいでスペックはそこまでいらないので、コスパ高そうなのを探すとコレに行き着きました。

25000円という低価格でスペックもほどほど、特にベゼルの細さがすごい。

インチ数は同じでも本体のサイズが結構違います。

dav
左:T2 7.0 右:Nexus7

 

以前にHuawei P9 liteを買いましたが、それがそのまま大きくなったような感じです。

並べると親子みたい。

t27_2

多摩川をひたすら下ってみた

急に海を見たくなったのと、運動不足解消に川辺を歩いてみたくなった。

ちょうどよさそうな多摩川周辺を歩いてきました。

今回のルートはこんな感じ。

rokugo

 

スタートから六郷水門まで

まずはスタート地点の六郷土手駅まで行きました。ここはかなり小さい駅でした。

00

川原まで歩くとちょうどいい看板があったのでそこから川沿いに下っていこう。

01

と思ったけど、川が見えない。

ちょっと橋のほうまで行って川を見てみる。

02

いい景色だったけどこの辺は歩けそうになかったので元いた場所に戻った。

テクテク歩いていくと公園だったり運動場だったりでとてものどかなところでした。

03

しばらく歩くと「六郷水門」に到着。

大田区の観光ページにも載っている観光名所ですよ。

dav

正面から見れたら結構いい感じの門なんだけど、これくらいまでしか近づけなかった。

 

六郷水門から白い大きな橋まで

歩いていると所々地面に数字が書かれている。

05

この辺はジョギングコースみたい。上半身裸の男性が結構走ってた。

30分以上歩いて景色にも飽きてきたころに、でかめの鉄塔があってテンションUP!

06

川側も白い橋が見えてきたのでとりあえずそこを目指す。

07

白い橋に近づいてくると少し海のにおいがしてくる。

08

この辺まで来ると船が結構とめてあって、海辺っぽい感じが増してきます。

 

白い橋から大鳥居まで

途中に2つほど大きな水門がありました。

09

見た目を凝れば六郷水門みたいに名所になったのかな。

景色もいい感じ。この辺が汽水域なんだろうか。

10

降りれるところがあったので降りてみた。

汚い海岸って雰囲気の場所。

ちょくちょく飛行機が飛んでいるのが見える。

11

すぐそばに大きな鳥居があった。

後で調べたら「旧穴守稲荷神社大鳥居」というらしい。

12

ちょっと唐突でびっくりしたけど景色的にもいいかもしれない。

 

今回の目的は「海が見たい」だったのでこの辺で帰ろうかと思ったけど、結構歩いたので帰るのがだるい。

飛行機が飛んでいるので羽田空港が近いことがわかったが、歩いて入れるのかわからない。

その場で調べたところ「羽田空港徒歩脱出ルート」というのがヒットした。

これを逆走しようと思ったのが過ちの始まり。

 

大鳥居から羽田空港国内線ターミナルまで

大鳥居を過ぎると、住居エリアでなくなるためか自販機の1つもなくなるので徒歩ルートを使う人は水分不足に気をつけましょう。

少し歩くと国際線っぽい場所に着きます。

13

ここに入れれば楽だったんですが、ググッた感じルートがわからなかったのでそのまま国内線のほうへ。

30分くらい歩くと飛行機もかなり大きく見えるようになってきます。

14

右端に見えるのは「風の塔」という観光名所らしいです。

歩いているときはとにかく謎の物体だった。

このあたりはずっと直射日光当りまくりでバテバテです。

飛行機堪能ポイントを抜けるとすぐトンネルに入りました。

15

このトンネルが結構長い。

しかも交通量が多くて音が怖い。

脱水症状気味で弱っていたのでかなりの難所でした。

トンネルを抜けて羽田空港に近づくと、すぐそばを飛行機が!

16

追っかけても良かったんですが、ここにはコンビニもあってそっちに吸い寄せられました。

危うく熱中症になるところだったのでありがたかったけど、誰も客がいなかった。

普段は整備の人くらいしか使わないレアコンビニなのかも知れません。

 

そして少し歩くと目的地の羽田空港。

17

バカンス気分の格好をした人々の中に汗だくで混じり、何もせずに電車で帰りました。

 

感想とか

水分補給は計画的に。

せめてバッグもってペットボトルでも持ち歩けばよかった。

所要時間は3時間ちょっと。

歩いてるときは意外と歩けるもんだなーと思ってたけど、いま足が壮絶痛い。

孵化した卵は6つでした(ポケモンGO)。

モバイルオンリーから有線+WiFi環境に切り替える

モバイル回線オンリーから有線に

の記事でMVNOだけで通信費を抑えようとしましたが、ニートとなってネットばっかしていると通信量がオーバーしました。

仕方なくフレッツ光を導入。

光コラボレーションは悪評が多すぎるのとキャッシュバック商法が嫌いなのでスルー。

集合住宅なので毎月4000円弱、NVMOの通信量を減らして3000円弱にしたので計6000円ちょっとになり、月々の値段は結局あんまり変わらなかったです。

WiFi環境の構築

以前はレオパレスだったのでプロバイダ設定が必要なく、定期的にNTP通信をして認証回避できるWMR-300を使っていました。

ホテルとかに泊まるときに重宝するものです。

フレッツ光ではプロバイダ設定が必要なためPPPoE機能のあるものを選ぶ必要があります。

私はお手ごろで人気のあるWSR-300HPを買いに行きました。

ビックカメラで店員さんと話したところ、有線LANでつながないならWCR-1166DSのほうが良いということになりそちらを購入しました。

(有線LANの速度はWSR-300HPは1000Mbps、WCR-1166DSは100Mbps)

設定は非常に簡単でWi-Fi接続した後、168.192.11.1にアクセスすると自動で色々やってくれて、プロバイダID、パスワードを入力するだけで使えるようになりました。

 

最近は暇に飽かせて実店舗に行くことが多いですが、ネットオンリーでポチるよりもわかりやすくていいですね。

退職後にやること(保険、年金、失業保険)

退職後すぐにやることとしては次の3つがあります。

  • 健康保険証の切り替え
  • 年金の切り替え
  • 失業保険の申請

それぞれの簡単な覚え書き。

 

健康保険

退職と同時に転職しない場合、健康保険の手続きが必要になります。

社会保険(サラリーマンのときの保険)の継続か国民健康保険への切り替えです。

継続の場合は2年経過か転職するとまた変更されます。

継続の場合は自分都合で国民健康保険への切り替えはできません。

国民健康保険は手続きをしなくても退職翌日から加入していることになります。やらないと自分に不利なだけなので早めにやりましょう。

必要なもの

身分証明

社会保険資格損失証明書(退職後すぐ届いた)

印鑑

手続き

「国民健康保険の加入と資格喪失、保険証の再交付申請」

をやっている最寄の役所に行って手続きします。

保険の切り替えと言って、もらった申込用紙を書いて終わりでした。

年金

厚生年金(共済年金)から国民年金に切り替える必要があります。

これも手続きをしなくても退職翌日から加入していることになります。

年金手帳を返してもらってなかった時に保険の切り替えだけしようと思ったら「年金もですよねー」の一言で完了してしまった。

必要なもの

身分証明

年金手帳(私はいらなかった)

退職証明(社会保険資格損失証明書、退職証明書など)

印鑑

手続き

保険の切り替えの用紙提出でついでに完了した。

失業保険

転職活動をするのでこっちの申請もします。

離職表が必要ですがこれは退職後10日くらいしないと届かないみたいです。

私も2週間待ちました。

提出期限はないですが受給期間は1年

自主都合の場合は3ヶ月の猶予期間があるので「9ヶ月-給付日数」 の間に申し込む必要があります。

給付日数は10年未満で90日、10~20年で120日、20年以上で150日です。

私は10年未満なので半年以内に申し込まないと全額もらえません。

必要なもの

マイナンバー確認書類

身分証明

離職票1(振込口座を記入)

離職票2

証明写真(3cm×2.5cm) 2枚

雇用保険被保険者証

銀行の通帳(銀行確認印をもらえば不要)

印鑑(訂正のために使う)

手続き

申請⇒待機(7日)⇒説明会⇒認定日(4週に1回)×3が終わってようやく支給される。

それまでに転職したら何にもないわけだし結構面倒。(再就職手当てを貰える場合もある)

貰おうと思うものでなくて転職がうまくいかないときの保険であることを理解しないといけない。

 

カキ氷器(KK-1201 )レビュー

イモタニ(IMOTANI) アイスシェーバー サラ (クリアブルー) KK-1201 のレビューです。

 

暑くなってきて好きなときにカキ氷を食べられるようにと先月中ごろに購入しました。

カキ氷器は電動・電池・手動とありますがこれは手動式です。

空回りによる氷の置きなおしがないものを探しました。

あとは安くて、普通の製氷皿で作った氷が使えること。

値段・使いやすさ・手入れのしやすさで満足しています。

本体

RIMG0227

本体は受け皿・稼動部、上皿の3つで構成されています。

使い方

RIMG0228

稼動部の2つのポケットに氷を入れて上にふたをします。

蓋を片手で押しながらもう片方の手でハンドルを回すと氷が削れます。

この時強く押すと1分ぐらいで荒めのカキ氷、

軽く押すと3分ぐらいで細かいカキ氷ができます。

砂糖水を凍らせたものを使うと削れ易いですがかなり甘くなります。

出来上がり

RIMG0229

RIMG0230

最後まで回しきっても多少氷が残るので洗面台に捨てます。

できたカキ氷はこのままシロップをかけて食べることもできます。

食べる

RIMG0233

できた氷はすこしフワフワしているので少し固めたほうが食べやすいです。好きなシロップをかけていただきます。

このわざとらしいメロン味がたまらない。

収納

RIMG0231

水洗いして乾かしたら、上の部分をひっくり返すとコンパクトに収納できます。

 

ひと夏持てば元を取れそうな値段ですが、単純な構造で手入れもしやすいので長持ちしそう。

良い買い物でした。

格安スマホHUAWEI P9 liteに機種変更

 

Xperia(TM) Z SO-02E から HUAWEI P9 lite に買い換えました。

XperiaZは2013年 2月 9日発売。

P9 liteは2016年 6月17日発売。

3年ぶりの買い替えです。

XperiaZは古くてもポケモンGOができるし強固でバッテリーのへたれも少ない良機種だったのですが最近はいくつか問題がありました。

  • 電話がスピーカーモードでしかできない(一部のスピーカが壊れた)
  • カメラに傷がついて微妙に黒点がうつる
  • GPS精度が微妙
  • ポケモンGOをしていると熱で不安定になる

頑丈さが売りだったので少し手荒に扱いすぎていました。

DMMのSIMを使っているのでSIMフリーの機種で一番よさそうな P9 lite を購入。

ビッグカメラで安く買えました

プリベイドSIMカード(3000円)を同時購入で20%OFFとかで、

本体税込み 32,292 * 0.8 = 25833円

SIMカード税込み 3218円を足して 29,051円

3196 ポイント付いたので実質 25855円で価格.com最安値 26,784円より安い!

やるじゃんビックカメラ。

ついでに買ったSIMカードも使えなくはないし、高機能イヤホンとフィンガーストラップもおまけで貰えたので満足です。

良くなったところ

  • 問題点(電話、カメラ、GPS)の改善
  • ポケモンGOが快適にできる
    • ラグがなくなってサクサク操作できる
    • 熱もほどほどになった
  • 電池持ちが良い

悪くなったところ

  • ジャイロセンサがなくなった
    • 普段使わないのであんまり問題ない
  • 独自UIになれない
    • 使っていけばなれるだろうけど素のAndroidでよかったのになと思う

所感

これが3万円で買えるのはすごいことだと思う。

安いけど本体の質はいいし、カバー、フィルム、USBコンセント、USBケーブル、イヤホン付き。

初代XperiaもXperiaZも8万円くらいした記憶があるので買い替え自体渋っていたけど、コレくらいの値段なら他に欲しいものができたときに買い換えやすい。

デュアルSIMってあったから何かできるかもと考えていたけどmicroSDカードを使う場合はSIMカードは1枚しか入れられないので注意。

MVNOを使って通信環境を見直す

少し前の話だけれどPC用の固定回線とスマホ用の携帯回線をまとめた。

元々は固定回線とイーモバイル(現Ymobile)とDocomoの掛け持ちをしていたところ、料金が馬鹿にならないのでDMM mobileで一本化。

結果として月額13,000円から6,000円に減らせた。

回線をあわせるメリット

  • 契約管理が楽、引越しで契約更新する必要がない
  • 外出先でもいつもどおりPCを使える
  • 合計金額は安くしやすい

回線を分けるメリット

  • 固定回線の方は基本的に通信量・通信速度を気にしなくていい
  • 固定回線の使いすぎで携帯回線が使えないようなことがない
  • どちらかがトラブってももう一方で通信可能

DMM mobileとは

いわゆるMVNOのひとつ。

SIMカードを3枚までもらえるので通話SIM(スマホ用)とデータSIM(PC、タブレット用)で分けることができる。

今日時点で通話1枚データ2枚が容量20Gで月額5,980円、追加も1G480円と格安。

PCでも使っているが通信速度で困ったことはない。

毎月DMMポイントがもらえるので艦これとかに課金できる。

感想

回線を合わせるかどうかはともかくとして、3大キャリアからMVNOに変えたのは正解だった。

電話もキャリアメールも基本LINEかGmailで代替できるし、多少割高だけど普通の電話もできるので個人的にはデメリットが1つもなかった。

 

 

追記

固定回線にしました。

引越し完了

引っ越しました

会社の寮に入っていたので退職に伴って引越ししました。

今週はほとんど引っ越しに費やしたけどようやくひと段落。

荷解きも大体終わった。

最初は集合寮住まいだったので大ダンボール3箱で上京してそのまま個別寮に入ったけど、今回は大7つ小8つにもなっていた。

ここを出るときには大3つくらいに収まるようにミニマリストを参考にしてみようと思う。

急な引越しでどたばたしたのでタイムスケージュールを残しておく。

1ヶ月前

物件を探す

まず引越し先が見つからないと何もできない。

一ヶ月前くらいには抑えたいが人気物件だったり繁忙期などでもっと直近で契約しなくてはいけない場合がある。

閑散期であれば余裕を持って契約できたり、フリーレントの条件がつきやすいと聞いた(今回は1ヶ月のフリーレントをもらえた)。

引越し屋を探す

安くても評判の悪いところは使わないほうがいい。

一人暮らしなら最安と2番目の違いはほとんどない。

不動産屋とつながっているところだと多少融通が利く。

各種切り替え連絡をする

ガス、電気、水道、郵便など最近はネットでできるようになっている。

粗大ゴミを捨てる

市や区の回収サービスを使うのであれば予約が埋まっているかもしれないので早めに申し込みする必要がある。

自分で持ち込んだり、引越し屋に回収してもらう方法もある。

1週間前

荷造りをはじめる

量によってはもっと前から計画的に片付けたほうがいいが、ダンボール置き場を用意しておく必要がある。

当日

引越し

引越し屋が来る前に忘れ物がないか確認する。

旧物件引渡し

一通り掃除して旧物件を大家さんに引き渡しする。

室内点検や鍵の返却をするけど、大体は自然消耗として扱われるので基本清掃料だけですむはず。

荷下ろし

新居に荷物を下ろす。

複数の引越しを並列してやる引越し業者なら数の確認をきちんとする。

あとダンボールの回収の有無など確認しておく。

ガスの立会い

電気、水は連絡するだけでいいけど、ガスだけは引越し先で立会いが必要な場合が多い。

引越し後

住民票の変更

必要書類を持って転居届けを出す。

(市区町村が変わる場合には転出届と転入届が必要)

免許とか銀行とかもろもろ住所変更

面倒でもちゃんとしておかないと後々面倒なことになる。

 

賃貸を探すときには月額でなく合計費用を見よう

あらまし

急遽引越しを行うことになったのでSUUMOやHOMEsのような総合サイトから不動産屋の検索ページを探していた。

条件検索で要望にあった物件を探せるのは便利だけど、単純に賃料だけで条件をつけると本当は条件にあっている良い物件を見逃すことがある。

その原因として敷金と礼金がある。

これらはそれぞれ基本的に1ヶ月ほどで設定されていて、一覧で見ているとあまり重視されないが合計で見るとかなりのインパクトがある。

どれくらいのインパクトか

1年住む場合、敷金礼金が1ヶ月分で5000円上の賃料と、2ヶ月分であれば1万円上の賃料とほぼ同じになる。

2年住む場合、敷金礼金が2ヶ月分で5000円上の賃料と合計がほぼ同じになる。

10年20年と住むつもりであれば影響はないが、数年のつもりなら更新費等も含めて合計で考えると意外と掘り出し物件があるかもしれない。

1年住む場合

家賃+共益+管理 敷+礼=0ヶ月 敷+礼=1ヶ月 敷+礼=2ヶ月
6 72 78 84
6.5 78 84.5 91
7 84 91 98
7.5 90 97.5 105
8 96 104 112

2年住む場合

家賃+共益+管理 敷+礼=0ヶ月 敷+礼=1ヶ月 敷+礼=2ヶ月
6 144 150 156
6.5 156 162.5 169
7 168 175 182
7.5 180 187.5 195
8 192 200 208