javascriptでメタタグの作成と編集

HTMLヘッダ内のメタタグ(<meta name="" content="">)を編集(ない場合は作成も)をするスクリプトを書いてみました。

以前にOGPなどの外部表示設定を確認したのでスクリプトで動的に変えてみたかったのが理由です。

ただツイッターなどのサービスではOGPのためのアクセスでスクリプト実行までしてなさそうなので、サーバーサイドで書き換える必要があります。

なので今回のスクリプトはnode.js向け、あるいはタイトルのみの編集向けです。

続きを読む javascriptでメタタグの作成と編集

ReactでDataTablesを使う

Reactアプリ内でjQueryプラグインのDataTables.jsを使うためのメモ。

ReactとjQueryはあまり相性が良くないので$は最低限使うだけです。

合わせて使う方法からコンポーネント化まで。

続きを読む ReactでDataTablesを使う

【GO】gin+Reactのルーティング

Golang製Web Framework「gin」とjavascriptライブラリ「React」を合わせてウェブサービスを作ることを考えます。

ルーティング部分でちょっと詰まったので覚書き。

続きを読む 【GO】gin+Reactのルーティング

GO→WebAssembly→React→Cordova

前回やった内容で「golang webassembly」と検索してもあまり情報がなかったけど、ReactやCordovaとWebAssemblyの組み合わせは全く出てこなかった。

React+Cordovaでアプリを作るテストもしていたので、せっかくだから手探りでアプリ化までしました。

今回はその備忘録です。

続きを読む GO→WebAssembly→React→Cordova

Reactで非同期処理をするタイミングと画像キャッシュ対策

ファイル読み込みや書き込みなんかの非同期処理をするときにReactだとどこに書いていいかわからないことがあります。

読み込みに関してはcomponentDidMountなどで呼び出せば配置後に1度だけ呼び出すことはできますが、更新処理でちょっと困ったのでメモ。

続きを読む Reactで非同期処理をするタイミングと画像キャッシュ対策

【Cordova × React】Nend広告表示コンポーネント

index.htmlに以下のような標準コードを加えるだけで広告の表示自体はできる。

ただ位置を調整したり複数表示する場合に使いにくいのと、アプリ化したときにリンクの不具合が起きる。

検索してコンポーネントを見つけたがSDKを使う用途の本格的なものだったので簡単なものを作った。

続きを読む 【Cordova × React】Nend広告表示コンポーネント

【React×Material-ui】Iconの一覧と使い方

ReactのMaterial-UIコンポーネントには大量のアイコンが用意されている。

これでが表示される。

一覧が見当たらなかったのでフォルダにある分を表示するようにしました。

続きを読む 【React×Material-ui】Iconの一覧と使い方

【React×Material-ui】Modalでスクロールできなくする

以前にMaterial-uiコンポーネントのモーダル(ポップアップ)を使ってみました。

モーダルが出ている間は背景のスクロールは出来なくなっています。

しかしスマホで見ると後ろ画面がスクロールしてしまったのでその対策方法。

続きを読む 【React×Material-ui】Modalでスクロールできなくする

【React×Material-ui】Modalの実装方法

Material-uiにはモーダル(ポップアップウインドウ)が用意されています。

表示だけならサンプルで動きますが実装するにあたって色々考えたのでメモ。

続きを読む 【React×Material-ui】Modalの実装方法

【React】MATERIAL-UIを使ったデザイン作成

Material-uiはReactのなかでも人気のコンポーネントみたいです。

コンポーネント全体で思うことですが、これも少し使うための知識がいるのでReactに慣れてから手を出した方がいい気がする。

今回はフッターメニューを作ってみます。

続きを読む 【React】MATERIAL-UIを使ったデザイン作成