【Unity】逆ジオコーディングとJSON利用


今回やったのは住所から経度緯度を取得するジオコーディングの逆、経度緯度から住所情報を取得するのが逆ジオコーディング(リバースジオコーディング)です。

 

使用したのはGoogleのジオコーディングAPIです。

Developer's Guide  |  Google Maps Geocoding API  |  Google Developers
Geocoding converts addresses into geographic coordinates to be placed on a map. Reverse Geocoding finds an address based on geographic coordinates or place IDs.

 

コードはこんな感じで、www.textからJsonを取得できます。

返ってくるJSONデータ

 

JSON形式で取得できるのはいいけど、javascriptと違って扱いが面倒でした。

入れ物用のクラスを用意してJsonUtility.FromJsonで格納する必要があります。

 

JSON使うたびにクラス作るなんて面倒だけど仕方ない。

ネストされてないとかなり簡潔に書けるけど、大抵はネストされてると思う。

XML形式にしても、より面倒そうなのでAPI使いにくいなぁ。

せめて Dictionary クラスが使用可能ならよかったんですが。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。