寝れない夜はUnityで遊ぼう6


これまで

寝れない夜はUnityで遊ぼう1

寝れない夜はUnityで遊ぼう2

寝れない夜はUnityで遊ぼう3

寝れない夜はUnityで遊ぼう4

寝れない夜はunityで遊ぼう5

今回やったこと

Unity5.5での秋葉原マップ(Japanese Otaku City)の使い方の覚書。

とりあえず取り込む

アセットストアからダウンロード+インポート。

ZRNAssets > 数字羅列フォルダ > Scenes にサンプルシーンがあるから開く。

akb

テクスチャの一部が壊れている。

バグをテーマにしたゲームならこのまま使えそうな感じの見た目。

ピンクテクスチャの修正

数字フォルダ > Shaders と PQAssets > Query-Chan > Shaders内の4ファイルを修正する。

  • su_Double_and_Clip
  • su_VertexCol_1UV_Single
  • PQ_Skin
  • PQ_TransBlue
akb4 akb3

 

修正内容はすべて同じでvert関数の1行目にUNITY_INITIALIZE_OUTPUT(Input,o);を挿入する。

akb2

これでちゃんとしたテクスチャになった。

akb5

まだ背景がホラー。

SkyBoxのエラーはどうやっても直せなかったので別途SkyBoxをインポートしてカメラにアタッチしなおした。

akb7

スクリプトエラー

このマップはUnity 4.3.4で作られていて、そのままだと非推奨エラーが大量発生する。

あまりにエラー箇所が多かったのでログのエラー表示を頼りにスクリプトフォルダを全部消した。

これでとりあえず動作可能な箱の出来上がり。

自由に動き回る

サメがよかったけど活きがいいのがいなかったので鯨を泳がせてみる。

test

カメラの追従って回転とかラグとかを考えるとめちゃくちゃ難しくなる。

手っ取り早くどこかからコードを拾いたい。

単体では見つけられなかったから評価の高い3Dサンプルプロジェクトとかをあさってみようかな。

おやすみなさい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。